7月|3|4|6|7|9|11|14|17|18|19|22|23|24|26|27|29|31|




7月31日

(C)2006スタジオ ポプリ


癒しフェアーでマサコさんのワークショップ
(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ



2日間の癒しフェアーが無事終了しました。癒される人も癒す人も長い2日間だったと思います。沢山の人達とお会いできて良かったと思います。

何かを求めていたあなた、捜しましたか。癒されたいあなた癒されましたか。癒したあなた一生懸命にされましたか。こうして人と人とが繋がっていきました。

今日のあなたお元気ですか。

ワークショップでは、体をほぐす笑いと、自由に動き回るボデイワークを致しました。皆で大笑いをしました。「笑う門には福来る。」あなたもね大いに笑おう。大阪すぴこんでも同じように皆で笑いましょう。

一夜明けた今日、レンタカー車を返しに隣町まで行きました。姉が亡くなって10日になりましたので、姉がよく行ったと聞いた、巣鴨の「トゲ抜き地蔵」に行きました。巣鴨は品川駅と環状の山手線では対角線上の北西にあります。

姉が義兄や義姉達を連れて「巣鴨のトゲ抜き地蔵」に行ったことを、葬儀の時知りました。亡き夫の兄姉達を楽しませていたのでした。

品川から20分位山手線に乗って、巣鴨駅で降りました。朝なのに巣鴨の「トゲ抜き地蔵」は賑わっていました。トゲ抜き地蔵の山門で、お坊さんが立っておられて、お布施をすると一人ひとりにお経を読み、頭と肩に優しく手を置きヒーリングをしているのです。私も菊地もしていただきました。優しげな所作は人の心の殺伐としてしまう何ものかを、ほぐしてくれました。

一瞬のヒーリングでありましたが、心和みました。なんとも素晴らしいではありませんか。東京のトゲトゲしたものを、『癒しフェアー』の中にも感じて辛いものがありましたが、お坊さんにヒーリングされたのが嬉しいのでした。

トゲヌキ地蔵さんでは、お線香とローソクと小さなタオルを買いました。観音様に水を掛けて拭くのだそうです。沢山燃えているお線香の中に線香をいれ煙で禊をしました。お線香おスマッジングです。

次に本堂に入りお祈りし、ローソクを捧げます。次に観音様の体に水をかけてタオルでぬぐいます。姉に見立てて「お姉さん良くやったね。」とタオルで拭きました。なにやらホッと致しました。

超忙しかった、7月が終って通り過ぎていきます。

商店街の人達は実に親切です。商売の原点を忘れることなく、忠実にしっかりとしていました。その熱心さを喜んで吸収しました。おばあちゃま達に人気があるのがうなずけます。

団子を食べ、沢山お茶を頂きました。体が満足するまで飲みました。靴下を買い求め、他のものを買い求めました。巣鴨商店街の人達のなんと人を大切にしたご商売を営んでいる事でしょう。

人の決め細やかな接客と親切は人を癒します。親切は良い事です。おばあちゃん同士手をつなぎあってお話をしている姿が微笑ましかった。本当の癒しは、いかに人に親切に出来るかにあると思います。愛なのであります。

ほんの束の間の巣鴨のトゲ抜き地蔵の訪問でありましたが、沢山のことに出会えました。ご年配の方達に喜んで受けいられる巣鴨のトゲ抜き地蔵なのでした。



トゲ抜き地蔵の道 姉と歩くを感じ

豆大福 姉も共に 食したり

店の人の笑顔を見ながら、何杯もお茶を飲み

心からの親切は人を癒します。

それではまたお会い致しましょう。






7月29日

本日、癒しフェアーに参加します。
場所は会場の一番奥向って多少右側のSB−1と言うブースです。
また明日30日、14:00よりマサコメソッドのセミナーを開催します。
参加料無料です。ワーク用水晶プレゼントします。
癒しフェアー会場入り口入って直ぐの階段を上がった2階です。

今日のあなた御元気ですか。

それでは、癒しフェアーで会い致しましょう。


7月27日

(C)2006スタジオ ポプリ



朝の散歩で、ラジオ体操の音楽に誘われるようにして、近くの公園に行ってラジオ体操をしました。眠そうな子供達、お世話取りのお母さんの頑張っている様子や、60歳年代の参加の男女のお元気そうな様子が、すごいなあと思いました。老若男女がラジオ体操をして元気です。首から下げる参加カードを貰って嬉しかったのであります。地域の大人達が関わって未来の子供達をサポートする事って素晴らしい事です。

今日のあなたお元気ですか。

内職の仕事はまだまだ続きます。内職をしているあなたも頑張って下さい。

それではまたお会い致しましょう。





7月26日

(C)2006スタジオ ポプリ



今日の東京は、久しぶりに太陽が顔を出しました。九州地方は長い2ヶ月ぶり余りの梅雨に、やっと梅雨明け宣言されたようです。沢山の雨による被害をお見舞い申し上げます。

今日のあなたお元気ですか。

明後日からの、お台場、ビックサイトにおいて行われる「癒しフェアー」の準備に入っています。手作りでシコシコと内職みたいです。プレゼントのセージ袋に手作りの印刷物を入れています。

こうして手を動かしていると、色々の事から、解放されて、手仕事を楽しんでいる自分を発見します。母を思い出しました。

昔の事、母が靴下や洋服の修理をしていたのを思い出しました。靴下の中にプラスチックの石鹸箱を入れて、糸でかがって黙々と修理をしていました。そんな仕事をすることで、一日の疲れから解放されたのかもしれません。また色々の考え事をしながら、自分に戻れていたのかもしれません。またその時代には、暑い時の工夫や、寒い時の工夫→知恵、雰囲気がありました。

また生活が便利になった今、もっと昔に帰った生活をしましょう。地球温暖化に拍車を掛けてはいけないから、足らづに足りて満足します。母達の時代のように一足の靴下を大事にしたり、ちょっとした路地の空き地があると、ニラや季節の野菜を植えていたように、少し昔に帰るにはどうしたらよいかと考えております。あなたはどう思いますか。

それではまたお会い致しましょう。






7月24日

(C)2006スタジオ ポプリ


コンピューターグラフイックみたいに撮れました。夢は空を飛ぶみたいに、いつも高く夢を見ましょう。

今日のあなたお元気ですか。

子供達が多い、品川プリンスホテル水族館周辺です。夏休みの子供達は沢山の遊ぶ場所があるでしょう。幕張メッセで、恐竜展があるとか、映画館も子供を対象とした映画も多い事でしょう。

夏の親御さんも子供の希望をかなえるべく物入りでしょうが、そこは共に楽しんで見るのが良いでしょう。また何処に行かなくても、日常の生活の中で、楽しみを見出せるように、共に楽しむことが大切かと思います。住んでる環境を利用するのも良いでしょう。

働いている親御さんは、子供さんを鍵っ子にさせるのでなく、地域の学童保育や、地域の行事やイベントを知り、楽しく参加させたり、図書館の利用やプール等を知り、計画を立ててみましょう。子供と共に楽しむ事や、子供の為の写真帳を日常の生活の中で増やしてあげましょう。そして、働く事の大切な事も教えてあげましょう。子供にもあなたの働く事を理解してもらい、子供達にも年齢に相応しいお手伝いをしてもらいましょう。また時々目をかけてくれる協力者を、見つける事も必要です。お隣さんとは仲良く、踏み込まずも大切です。

子供達はすぐ大人になりますから、小さな子供の時代との触れあいを、心から楽しみましょう。夏の日差しはそんな日々を応援してくれます。 
 
かき氷 横丁の奥の店 思い出し

花火大会 線香花火は負けるけど 思い出は大きい

それではまたお会い致しましょう。






7月23日

(C)2006スタジオ ポプリ
パードン佐藤 虎ノ門トリンのオープニングイベント7月22日

パードンのイベントは8月28日に再度あります。


東京ワークショップがありました。少ない人数でしたが疲れている人が多かったので疲れをほぐす、マッサージやボディワークをして、歌や何度も、笑いやボイス声をだしました。

写真はパードン佐藤の出演の時の映像です。昨日のワークショップとは関係がありません。

ワークの途中で眠ってしまった人もあります。あなた疲れ切っていませんか、仕事が忙しい中、ワークショップに参加しませんか、すぴこんでも良いですよ。

そしてワッハッハーワッハッハーと笑いましょう。すると目から何かが落ちるでしょう。うろこを邪気と言ったのかもしれません。

今日のあなた御元気ですか。

それでは、またお会い致しましょう。






7月22日

(C)2006スタジオ ポプリ



北海道・富良野から「姉」に花が美しいと電話を入れて一週間後、その姉が他界しました。その時の電話の様子が、普段と違って、メッセージを感じました。それをスタッフに話しました。お産の時以外は病院に行ったことがない姉でした。70歳まで猪突猛進のように人生を生き抜いている人でしたから、充分に生き切ったのでしょう。静かに眠るような顔に、感謝の言葉を添えて別れを告げました。

今日のあなたお元気ですか

一期一会の出会いも、縁があるなら、姉妹で生まれたら、まして深い縁があります。また前世に強い繋がりがある時もあります。特に親子は強い繋がりあり、深い意味があります。友人との出会いも意味があります。あなたの出会った人を大切にして、その出会いを人生に役立てる事は、素晴らしい事になります。

散った光も、いつか一つにまとまって素晴らしき未来を構成する源になります。

23日ワークショップ大井町は予定通りに行います。パードン佐藤は、本日他のコンサートが終り次第、予定を早めて羽田から石垣島に帰ります。台風が直撃して来るので、チャンスをなくすと、しばらく帰れなくなってしまうからです。それで23日・大井町のワークショップに、パードン佐藤のクリスタルボウルの参加はできません、御免なさい。 

台風は飛行機も貨物船も動けなくなります。郵便物もストップします。外も歩けなくなります。只通り過ぎるのを待ちます。あなたのところは大丈夫ですか。

それではまたお会い致しましょう。






7月19日

(C)2006スタジオ ポプリ



(C)2006スタジオ ポプリ



石垣島の素晴らしい青空、海を分けることなく何処まで続いていました。小魚たちが。早朝の海に、こんなにいるのにビックリしました。この時間は小魚より少し大きな魚はいないのかもしれません。それで安心して泳いでいるのだね。

今日のあなたお元気ですか。

短時間の石垣島でしたが帰る機内で、9月に入ったら、少しのんびりと石垣島で仕事をしようと思います。台風がまた近くで生まれたらしいので今週末には来るでしょう。島の人の話では例年だと10個は来ているのに今年は少ないから必ず大きな台風が来るよとのことです。

自然現象はとめる事はできなくても、備えや、日頃の生活での始末は心がけないといけません。北海道の富良野では、アイドリングストップを心がけて、バスもタクシーもアイドリングをなくしていました。30度を越える熱さでありましたが、誰も文句を言う人は有りませんでした。

石垣島では、アイドリングする車が多くあるように感じます。素晴らしき自然が沢山あるから尚いっそうドライバーは心がけて頂きたいと感じるしだいであります。

毎日色々の事がありますね。人の心も日々変わり,良い時も、また逆の時もありましょう。しかし、まずは中庸に戻す事が肝心かと思います。元に戻す事ってとても大切かと思います。

それではまたお会い致しましょう。






7月18日

(C)2006スタジオ ポプリ



早朝の便で石垣島に戻りました。気流が不安定でも今日はジュースが出ました。お代わりしたマンゴージュースは美味しかった。機内のイヤホーンで井上揚水の歌声を聞きました。唄う、もちもち感が好きなんです。

今日のあなたお元気ですか。

仙台でも沢山の魂と御会い致しました。医療現場に働く方々は、皆医療の限界を知っています。人は皆それぞれの寿命があって、限界の中で生活して生きている。

それでは又お会い致しましょう、





7月17日

(C)2006スタジオ ポプリ
札幌コンベンションセンター


札幌コンベンションセンターでワークショップを終えて、仙台へ来ました。気流が不安定で、ジュースが出ませんでした。今日は仙台すぴこんがアエルであります。

今日のあなた御元気ですか。

北海道では沢山の素晴らしき出会いがありました。
沢山の可能性を持った魂に出会いました。

それでは、またお会い致しましょう。



(C)2006スタジオ ポプリ  札幌ワークショップ






7月14日

(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


昨日のこと、北海道、富良野のラベンダーが最盛期とのこと、友人の勧めもあって札幌からJRとバスに乗ってラベンダーの花畑に来ました。バスを降りるとラベンダーの良い香りがします。

艶やかな紫の色は高貴にして爽やかな香りに何物をも跳ね返すような強さを感じて、まず花畑に入ってみました。ラベンダーの花の香りを体にかけました。全身がラベンダーの香りに包まれました。

富良野は十勝岳連山を目の前にして広大な盆地の中の田畑を活用しています。丘にはラベンダー畑が作られました。人工的なラベンダーの香りにおされて沢山あった生産農家が次々と辞めて行っても、富田農園は最後まであきらめずにラベンダーを守り通しました。素晴らしいラベンダー畑が続きます。

ラベンダーからは沢山の商品が誕生しました。14日から始まるラベンダー祭りには道内からも内地からも、沢山の観光客が来てラベンダーの花摘みもあってきっと賑わう事でしょう。

今日のあなたお元気ですか。

ポピー畑や沢山の花々も栽培され美しい花畑が続きます。私の父が亡くなった3日後に「天国の花束だよ」と言って持って来てくれた花束みたいです。「このように素晴らしい所に父が行ったんだ良かった」等と今さらながら、素晴らしい花畑を見て喜んだ次第なのであります。

こうして、頭の中をOFFにして、自身を取りもすことは良いことです。花や大地は人にOFFになる事を教えてくれます。

 蝶々や ミツバチは セッセと働きます

こうして、花畑の中に身を沈めていると、今までの事も皆忘れてしまうのでした。偶然にも宮城県からの人と、横浜の人から電話が入りましたので、花畑のエネルギーを電話を通してお送りしました。

あなた様は写真を見ながら花達のエネルギーとOFFにする何物かを受け取って下さい。緊張が解けていく事でしょう。

十勝岳は過去、何回か噴火を繰り返しております。噴火の為に、灰や岩などにより畑がだめになりました。明治の時代に入植した人達が木を伐採して開墾し、農地を作りました。しかし噴火により一時はこの富良野を捨てようとも思ったようですが、今までの苦労の年月を思うと、もう一度スタートに立ち、見事なまでの米、ジャガイモ、その他沢山の北海道にふさわしい農地に戻りました。

丘の上には誓いの木と碑がありました。それはどんな事があってもこの地を離れないと言った農民の誓いの言葉が碑に刻まれ、建っていました。それを感動を持って読みました。

  旅の空 根無し草は 空を飛び

右写真のトラクターには馬車が付いていて、広い花畑の道をぐるりと観光客を案内してくれます、ゆったり、のんびりとしたスピードは気分をリラックスさせて、のどかな気持ちと、子供の頃になりました。
  トラクター馬車代、200円

ぽっかり浮かんだ白い雲の下をトレラー馬車はのんびり進みながら、いつか眠気を覚えます。

富良野駅傍に在る記念館があります。富良野在住の作家である倉本聡氏の作品はテレビドラマで評判を取った「北の国から」がありますが、その時のスタジオ、スタッフ、苦労や努力の様子が記念館から溢れていました。私は残念ながらそのドラマを見る機会が無かったのではありますが、伝わってくる暖かさを受け取りました。

富良野には日本画の後藤純男美術館があります。十勝岳を望み、富良野の良い環境の中に作られた美術館で後藤純男氏の日本画を鑑賞するチャンスを与えられた事は素晴らしいことでした。仏徒でもある画家の鍛抜かれた精神の高さに触れた事は何にもまして素晴らしい栄養とさせていただきました。

ヘリコプターに乗りました。たったの3分ほどでしたが花畑の上を舞うように飛びました。だいぶ怖かったのでもう乗らないでしょう。北の国、富良野の様子をお楽しみ下さい。

あなたも富良野の畠を見にきませんか。

帰りは富良野から旭川に抜けて走る、観光電車「ノロッコ号」に乗りました。針葉樹林の中をゆっくりと走り抜きます。窓がオープンなので、木のエキスがどんどん入ってきます。木々に癒され、狭い椅子に座ったままグーグー寝てしましました。

途中で目を開けても、まだまだ続く針葉樹帯の森の中ですから、良い夢を見ていました。夢はロシア民話のプーシカとペーチカのお話だったかも知れません。小熊ちゃんのお話だったかもしれません。それは私自身の創造の世界だったかもしれません。こんなに甘いトロリとした深い眠りはかつて無かったことです。

遅くなりましたが、7月のメッセージ載りました。ご覧下さい、明日は札幌コンベンションセンターにてすぴこんがあります。16日9時から同コンベンションセンターにおきましてマサコメソッドワークショップがありますので是非お出かけ下さい。お待ちしております。

それでは又お会い致しましょう。





(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


















7月11日


                    

(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(
C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ

(C)2006スタジオ ポプリ

とてつもなく石舞台は熱かったのです。遠赤外線の効果みたいに、ある距離になると強く感じます。特に3番目の写真の排水溝があるところから、感じる石のエネルギーはとてつもなく強いものでした。

手塚治虫氏の火の鳥の石舞台の解釈がとてつもなく面白かったのではありますが、こうして只、石の前に立っていることは気持ちのよいものでした。ずっと温まっていたいなあと思いました。

前述の「くつな石」を訪ねた時は、頭が痛くなりました。それは山中に入ると良く起こることではあります。傾斜した山から落ちてくるエネルギーと、流れ落ちる川の水の電気エネルギーから来ますので、異なるエネルギー場の違いにより体に異変を感じたら、自分に合わない自然の場所として立ち去る事が良いでしょう。

都会の中でも良く感じます。それはレーダーや通信網、信号、電波の強力な基地等に近づいた時や、強力な電磁場を放出している所や、高圧線の下等に立ちますと、同じような症状として感じます。家庭内の電気製品でも起こる時もありますので、使用しない時、外出の時は、こまめにコンセットを抜くようにしたほうがよいでしょう。感じやすいあなたは特にそうして下さい。

しかし石舞台の石のパワーはすごく気持ち良いのでした。その場所にしばらくいたいなと思いました。

今日のあなたお元気ですか。

石舞台の古墳は横穴式石室を持つ方形墳で、築造は7世紀の初めごろと推定されます。既に古墳上部の封土は失われ巨大な天井石が露出した姿になっています。被葬者は不明ですが、6世紀後半にこの地で、政権を握っていた蘇我馬子の墓ではないかといわれています。昭和8年と10年に本格的な調査が行われました。その結果、玄室の長さ約7,6m、幅約3,5m高さ約4,7mで大小30数個の花崗岩が使用されており天井に使われている石の重さは、総重量が2300トンという大規模名古墳である事が判明しました。
石舞台の由来は旅芸人が、この舞台の状の上で演じたとの話もあり、又狐が女性に化けて石の上で舞を見せたなどの話もありもあるようです。今はこの上に乗ることも禁止されています。
(財団法人 明日香村観光開発公社のパンフレットより)

どのような歴史があって、古墳が破壊されたのかと想像は膨らむのであります。

いにしえの 飛鳥の里は 無言にて
  ただ熱い石の パワーがあり

あなたもまだ訪れていないようでしたら、秋の頃訪れたら良いでしょう。畑には赤いマンジュシャゲの花が、真っ赤に咲き染め、山々も紅葉してきっと美しいでことしょう。

石舞台から程近い場所に酒船石遺跡がありますので訪れました。土木工事を好んだという女帝、斉明天皇によるものだとも言われています。平成12年の丘陵工事で発見されたもので、広大です。

皇室での女性天皇があっても良いのではないでしょうか、女性ならではの、直観力と行動が有った斉明天皇のように。

この辺りから雨足が強くなり始めました。台風が梅雨前線を更に活発化して押し上げたのでしょう。。竹やぶの階段を上がります。

そこにはひんやりとした冷気のある、石が横たわっていました。水を漉したとも、薬を作ったとも、人体解剖をして学んだとも(マサコ案)と色々有りますが、只静かに、石に刻まれた宇宙人のような文様を見つめたのであります。

なにゆえに 刻まれたのか 大石に 
聞いたとて ただ うぐいすが鳴くばかり

この石も雨を好むようでした。雷も鳴り始めて来ました。相当に強い雨です。亀石の方に向って降りて行きました。しっかりとした竹やぶが続きます。竹の中の小道を下ります。この坂の下に斉明天皇の土木工事の亀石があります。

竹やぶに強い雨が当たっても、竹はやんわりと、かわして、いなして、雨の音が消えます。人生の中に色々の事があっても、竹のように、やんわりとかわしてしまいましょう。あなたなら出来ることでしょう。

亀石の所は実際には、道路拡張の時に発見された広大な場所ですが。その一部が公開されています。石舞台も、亀石も入場料金がかかります。遺跡保護の為です。ボランテイア スタッフが常駐していて、説明をしてくれますが、傘が大雨に耐えられなくなって、雷が上空をガラガラと鳴り出し、避雷針の代わりになるのも何なので、その場を失礼致しました。全身びっしょりになり、禊となりました。

  大雨や 禊の代わりに  清めます

感動的な雨ではありました。

飛鳥の謎の石である史跡「酒船石遺跡」は小高い丘陵にあります。この丘陵一帯に広がる遺跡を酒船石遺跡と呼びます。「日本書紀」の斉明天皇2年の条に記された、「宮の東の山に石をかさねて、垣とす」とあることから、符合する遺跡であると推定されています。この石は、組み合わせて導水施設を作り出した事が明らかにされております。250年の長い年月使われておりました。

その時代の水の取り入れ排水の施設とも何らかの祭祀が行われたともいわれていますが、砂岩のレンガも使っていますので水晶水のようなおいしミネラルウォーターだったのでしょう。

時の英知と7万人もの人達を造営にあたらせる時の権力を思います。

今日のあなたお元気ですか。

時代を越えて石達はどれも皆 鋭く 暖かく豊かでありました。また田畑を耕す高齢な婦人と飛鳥の田畑 山 木々が素晴らしく美しく人間の手入れする気は、何物にも変えがたい力となることを感じました。

人の思い、気、力になります。

それでは、またお会い致しましょう。










7月9日

(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ

(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ


(C)2006スタジオ ポプリ



           (C)2006スタジオ ポプリ

京都すぴこんに行くチャンスに、奈良県の飛鳥に足を伸ばしました。長い年月、石舞台と飛鳥に行きたいと思いながらやっとこの日が来ました。半日の旅でも私の心は踊ります。

京都より近鉄特急に乗り込みました。言葉が標準語から、柔らかい京都弁に、また更に柔らかくイントネーションの強い奈良弁に代わりました。近鉄特急の快速特急はデラックス電車でした。山々に囲まれた景色が柔らかい農地と、深い流れの川があって、穏やかな落ち着いた景色でした。

山々に囲まれた段々畑や、良く手入れされた畑、柔らかく手入れの行き届いた大地を感じました。緑に覆われた明日香の里は、実に見事に調和が取れて美しいのでした。柔らかいバイブレーションは心の中を穏やかな気分にさせてくれます。

都塚古墳を訪れてみました。道路沿いにあります。最も車はほとんど通りません。大きな石棺です。既に盗掘にあっているので石の蓋が半分開けられており何もありません。

石棺の上を覆い被る小高い丘は、石棺を安置されてから、作られたもののようです。テコの原理で蓋がこじる開けられ、棒を入れた跡が石棺にくっきりと残っていました。

2人して共に入られたという 主無き石棺には もう何者をも存在しないけれども 魂は共に天にて明日香を見下ろし、今は自由にて蝶チョに変身して訪れたのかもしれません。

静かで穏やかな波動を自分の記憶に取り入れました。良い事は自身のコアーに覚えさせます。感動した事や、美しい景色や、愛を、コアーに記憶して、前世、前々世の悪い記憶と入れ替えるのです。

この作業が大切ですから、今のあなたが辛い事や、苦しい事があっても、自然の中に入り感動を覚えて下さい。何かが大きく変わります。

又今は出来なくても、この先必ず訪れて、長い間固まってしまった何者かを解放する時があることを目指しましょう。それまでが多くの体験ではあります。自然や大きな鉱物は貴女の記憶をより素晴らしいものにするでしょう。

タクシーの運転手さんの小林正美さんは詳しく明日香の里を説明してくれました。ハイハイと素直な生徒になって、説明を受けました。

この里の石とくつなとは、蛇のこと。古い伝承のある、「くつな石」の場所に行く事になりました。巨石にはどうしても会いたくなります。運転手さんは何十年かのドライバー史のなかでも行った事が無い所だそうです。運転手さんも看板を見ているのだから、ぜひ行きましょうと、ガードレールも無く、うねうねとした細い川沿いの道を登って行くのです。

お歳を召されたおばあさんが腰を二重に折って、畑の手入れをされているのが印象的でした。放置された休耕田を見てきたばかりでしたから、それは宝石のクリソプレーズにも似てきらきら輝く宝石の畑でした。

農家の家々も、美しい入り母屋作りでありました。このあたりの農家はほとんどが、野菜米自分も事はまかなえる自給自足だそうです。豊かな人間本来の生き方をされている姿に感動を覚えたのです。

さて、くつな石はどのようなところでしょうか。よく車が入るなという位細い山道です。細い川沿いでも、落ちないかしらと、一瞬思いましたが車はスイスイ入ります。若い方々は、良いシーズンなら歩くのも楽しいでしょう。

霧が出てきました。まるで異次元の世界です。雨が降ってきました。杉の木に囲まれた道を入ります。花粉が飛ぶシーズンはチョッと入れないと思います。一歩一歩足が滑らないように進みます。

里人が守っている、くつな石に着きました。ふた抱え程もある大きな石に木の根が入り込みその根たちは姿を現しながら、また地面に隠れながら、直ぐ傍の逃れのよい川に根を下ろします。

昔、昔ある者が、この石を壊そうとした所、突然蛇が現れました。その蛇は赤い血を流しました。あわてて里に逃げ帰った、ある者は高熱を出して、その日のうちに死んでしまったのです。それから鎮めるために、里人達がお守りするようになりました。今でもきちんとお守りが行われておりました。川の水を口に含んでみました、おいしい水でした。

ジャスパー系の、赤い石が川の岩盤であります。その岩盤の中を通る水ですから、おいしいです。地震にもあまり揺らぐ事のない岩盤ですので、里は多くの天皇の墓地の場所よして選ばれたかと思います。エジプトのピラミッドの王家の墓の場所のようにです。

   水含み 石の味を知る くつな石

だんだん雨がひどくなってきました。

旅は続きます。


      (C)2006スタジオ ポプリ















7月7日

(C)2006スタジオ ポプリ



 ♪ 線路は続くよ何処までも ポッポッー♪

何だかハミングをしたくなりました。ハミングは良いものです。下向きになっていた心が軽くなって上向きになってきます。子供にも楽しくなるように共にハミングしましょう。子供は直ぐに良く変わります。

今日のあなたお元気ですか。

ある写真家が休耕田の写真を取り続けています。そこには自然が戻り、虫達が生息している様子や、草の種から発芽して可愛い芽を出している様子が美しく楽しく撮れていました。

連作をすると収穫が良くないので、休ませる休耕田もありますが、農家の跡取りがいなくて休耕している事も多い様です。次の世代が土に生きたら素晴らしいと思いますが、現実はなかなか厳しいのでしょうか。昔の農家の人達は、厳しさに耐えても、土に生きる事を喜びながら農業をされていたと思います。農業を継承されるあなたを畑や田んぼが待っています。作物が生育していく喜びを感じることでしょう。もしあなたが農家の跡取り息子さんでしたら土に生きる事も良いのだと思います。

それでは、またお会い致しましょう。






7月6日

(C)2006スタジオ ポプリ



仕事で栃木に行きました。

今日のあなた御元気ですか。

それでは、またお会い致しましょう。










7月4日

(C)2006スタジオ ポプリ



雨にけぶる街に、人が住み、悩みながらも希望を持って生きている。ささやかな事を喜び合い、家族を慈しみ、小さな幼子への愛のまなざしを皆が向け、人々が願いを持って生きている。雨にけぶる街は素晴らしい希望の光が満ちていました。

今日のあなたお元気ですか。

同じ作業で同じ姿勢を続けると体に良くありませんから、休憩時間に体を適度に動かす事がよいでしょう。湿気の強い所にいたら、工夫して湿度を減らしましょう。風が強すぎる場にいたら、風除けをしましょう。

冷房で体を冷やしすぎてはいませんか。自分の体の健康管理をしましょう。熱が出たら石垣島では、毛布やタオルケットで体をくるんではいけないと、書いてありました。

食べ過ぎず、飲みすぎず、冷やしすぎず、温めすぎず、適度な運動をして夏を乗り越えて生きましょう。すると秋が健康に迎えられます。

それでは、またお会い致しましょう。






7月3日

(C)2006スタジオ ポプリ



博多は祇園山笠の祭りで大変にぎわっておりました。街のあちこちには人形で豪華絢爛に 飾られた『飾り山』が建てられておりました。見上げるような大きなものです。

飾り山の表は合戦や武者やおとぎ話、後ろの『見送り』はテレビや童話などを題材にしたものが飾られ、山笠を飾る人形の表題は必ず奇数にするのが習わしだそうです。

山笠の期間は毎年7月1日から15日までです。15日の早朝、舁き山を神興のようにかつぎ市内を走る追い山で最高潮に達します。

祗園様(素盞鳴大神)の神紋が、キュウリに似ているので、博多の人はこの期間中キュウリは口にしないそうです。

山笠の起源は1241年に博多の承天寺の開祖・ 聖一国師が施餓鬼棚(せがきだな)に乗って博多をまわり、甘露水をまいて疫病退散を祈願 したことが始まりと言われています。

豪華絢爛、余りに見事な飾り山に、口をあんぐりとして見上げ家族総出で、法被を着て歩く姿は美しいものでありました。期間中は、法被を着て冠婚葬祭から、ホテルまでこのスタイルで公式とされるようです。歴史と伝統の博多は美しい街でした。

今日のあなた御元気ですか。

あなたの街も、沢山の歴史と伝統があることでしょう。旅人から見ると、それは素晴らしく美しく夢のように感じます。伝統と歴史に守られたものは、素晴らしく感じました。町内によっては、お手伝いの順番も回ってきましょう。それもあたり前の義務としてサラリと引き受けて、その時を過ごしましょう。お手伝いは良い事です。しかし心は自由にて在りましょう。

それでは、またお会い致しましょう。






7月1日

(C)2006スタジオ ポプリ

(C)2006スタジオ ポプリ

博多にある財団法人アクロス福岡にて、テイチャーズフォローアップと、個人セッションを致しました。アクロス福岡は、福岡シンフォニーホール、イベントホール、国際会議場、円形ホール、交流ギャラリー、セミナールーム、大会議室、など良い条件と素晴らしい施設を持っております。窓辺には階段状になったビルの山と言ってよいでしょうか、お借りしましたのは、6Fですが一階の庭のようにも見えます。石と、緑の木々との交流が出来ました。

今日のあなたお元気ですか。

あなたのお住まいの所の公の施設を上手に借りて、イベントに利用されたら良いでしょう。人々の為に作られた公の場所は感動を呼びます。明日は福岡すぴこんが、パピヨン21、ガスホールで行われます。ぜひお出かけ下さい。

それでは、またお会い致しましょう。