2月1|2|3|4|5|6|8|9|10|11|12|13|14|15|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|



2月27日

(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ



与那国熱は、まだ覚めやらずにいます。今日のワークショップの参加の人は、揺れる船に乗ってみたものの遺跡に近づけなかったと聞きました。私達は付いていたんだねと、喜んだ次第です。

今日のあなた御元気ですか。

与那国は、アザミの花が断崖に美しく咲いていました。与那国は、世界の与那国だと思います。各著名人の人や、研究者が多く訪れています。ネットでも世界各地で遺跡を紹介されています。

ダイバーのみならず、遺跡に興味がある人たちは必ず一度は、訪れてみたい与那国なのです。島の意識を越えて、与那国が世界に開かれて行った事は素晴らしい事です。

与那国の花達は、何も知らず季節の訪れと共に咲き誇ります。花は、もしかしていろいろのことを知っているのかもしれません。

鷺も牛も共同体です。生きている限り命の賛歌です。

神々の指紋や、神々の世界を著したジャーナリストであり、作家でもあるグラハムハンコック氏は、神々の世界アンダーワールド下巻で、与那国海底遺跡を紹介されました。世界が注目して、与那国だけの遺跡でなくなったのです

丁度、那覇に行かれる新嵩喜八郎氏にお会いし、ご挨拶が出来ました。

是非、日本国が応援して認知し、世界遺産としての働きがあると海底遺跡が保護されるわけですから、どうやって保護するのかな。沢山の人が、見に来られると良いなと思うのであります。

貿易風はきつかった。しかしこの貿易風が吹いてくれたからこそ、昔から世界の交流が出来ました。

海の中の魚族と、人間族つながりがあって、言葉でない言葉で交流できた事は、本当に素晴らしい体験でした。

風 波 鳥、亀 魚、イルカ 牛、馬 鷺 人 遠くに浮かぶ 白い雲

それでは、またお会い致しましょう。


与那国海底遺跡博物館へリンク






2月26日

(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ



24日〜26日まで、与那国に行っていました。日々のメッセージを上げようとしたのですが、PHSの電波が届かず、NTTも無人、市役所にお尋ねしてもだめだったので遅れてしまいました。

迫力ある与那国探訪記を是非ごらんなって下さい。沖縄県であって沖縄を感じさせない与那国でした。

与那国市役所で、インターネットが上がらないので何か方法がありますかと、訪ねていったのですが、与那国ではISDNの64しかありませんと言われ、スゴスゴと帰りました。

ホテルの部屋には、電話回線はありませんでした。それだけ離島なのです。石垣島が、日本最南端の都市である事を実感しました。逆に与那国の良さを感じました。ゆっくりとした時間が流れておりました。

放柵牧場で、馬も牛も何処にでも自由にいけますので、灯台の周辺も糞だらけのところがありました。糞をまたぎまたぎ歩きました。

鶏舎のような小屋で、餌を食べている牛達もいました。おそらく出荷前なので太らせるのでしょうか。この灯台は、島の東側の突端にあるので東崎灯台と言います。

軍艦岩と呼ばれる岩礁です。潮流の激しいところです。白波が立ち上がるところは、見事でした。長い間厳しい自然と向かい合っていました。海水の透明度が素晴らしいです。この岩場に人は近づけないでしょう。

女性の繊細な手で織る、伝統的な織物、与那国花織り民芸館を見学しました。織女さん達が、黙々と機を織り、糸を染めていました。およそ500年の織物の歴史があるようです。花織りは何と優しくエレガントなのでしょうか。悠久の時を越えて、手から手へと伝えられた花織に感どうしました。素材は、芭蕉、絹、綿、麻、芋、等です。地元の食物染料を使っております。

与那国は、タクシーが2台しかありませんので、レンタカーが良いでしょう。レンタカーは安いです。島に3件あります。空港に置いたまま帰る事も可能です。バスは、一日4便あります。ホテルは送り迎えしてくれます。

島の印象は、沖縄県であって、本土のような、感じがしました。沖縄本島、八重山地方独特なイントネーションや、話し言葉がありません。しかしおばあちゃん達の話す島言葉は、残念ながら何を言っているのか、分かりませんでした。

与那国、石垣間は、飛行機だと一日一便あります。日本トランスオーシャン航空JTAです。所要時間は、約20分〜25分です。那覇からはJTAが一日一便出ています。時間は一時間35分かかります。

フェリーボートは、週3便あります。所要時間は約4時間です。黒潮に乗るので相当揺れるそうです。これは乗り物に弱い人は相当に覚悟です。片道は3460円です。石垣発は、水曜と土曜日です。ゲロ船として有名だそうです。失礼!

某テレビ局、Dr、コトーの番組で、ロケに使った家です。次の撮影まで戸が閉められていました。設定は与那国ではなく、離島なのだそうですが、チラホラ観光客も来ていましたので、観光に一役買うことは、町おこしになり良いことです。廃船も演出みたいに置いてありました。

石垣島に転居して以来、何か異文化を、強く感じていました。大分慣れはしたものの、よそ者に対する一種の抵抗感としても感じていました。沖縄本島は、那覇を中心として、日本とは、別の国のように感じてしまいます。それは、長い歴史があったからです。以前は、琉球国であったわけですから。人々の団結心が、沖縄を守ってきた事もあると思います。しかし、同じ沖縄県でも、与那国を訪れた時、ポテンシアの一行3人が感じたことは、スケールは大きいのですが、何処にでもある、やまとの国のようだと、話しました。晴れた日には台湾が良く見えるのに、人に異文化を感じません。まだ一度しか行った事がないわけですが、このホッとするのは何なのでしょうか、与那国がそうさせるのでしょうか。

与那国の馬は小柄です。厳しい自然環境にも強い馬です。近づいてもモクモクと草を食べていました。特に餌をあげなくても、島に放柵しているので、あちらこちらの草を食べて、太るのでしょう。人懐っこくて人に良くなれているみたいですが、馬にも気分がありましょう。ご注意

道路で草を食べている馬がいたので、しばらく待ちました。砂糖キビを運ぶ車と、馬や牛には車が遠慮して待ちます。馬たちは夕方には牧舎に帰るのでしょうか。夕方から強い風が吹くからです。

テインダハナタという、岩山です。えぐられているのは、海蝕洞が隆起したのでしょうか。

26日の朝は大風でした。お宿で朝ごはんを食べて、11時40分の石垣島行き飛行機に乗らなければなりません。車は、鍵を付けたまま飛行場の駐車場に置くようにとの事でしたので、そうしました。昨日と打って変わって強い風です。

飛行場内は人でごった返していました。島人以外あまり観光の人に合わなかったので、こんなにいたんだとビックリしました。風が強く、石垣からの飛行機が到着不可能で、飛行機が石垣に帰ってしまったら、今日は欠航になりますと、アナウンスがありました。みんなじっと待ちます。飛行機が、旋回しながら、無事に着陸しました、良かった。

離陸はかなり揺れましたが、上空に出ると、揺れはおさまりました。黒糖菓子を口に放り込んで、窓の下を見ました。

突然呼ばれるように与那国に行き、NHKのテレビで見て以来、一度お尋ねしたいと長年思っていたことが叶い、素晴らしい海底遺跡や、魚、亀、イルカ達と出会い、深い感動を感じた素晴らしい旅であり、取材が出来たと思います。

今日のあなた御元気ですか。

是非、与那国に行ってみて下さい。男性的な島は観光客の好む南の島とは違いますが、故郷の様でもあり、一度は行った事がある所のようにも思います。島の活性化の為にも、人々が訪れて下さい。最西端の与那国島は、かならずやあなたを優しく迎えてくれるでしょう。宿のご飯が美味しく沢山の量があって食べきれないほどでした。タッパーを持ち歩きますので、食べきれないのは昼に食べます。

強風の中を、飛行機は無事到着しました。皆良かったと、ひと安心です。風に帽子が飛ばされないよう抑えながら乗り込みました。約20分の飛行時間の後石垣に戻りました。石垣島も雨でした。

それでは、またお会い致しましょう。






2月25日

(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005pardon


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ



朝、8時15分 くぶら港 半潜水艇 ジャックスドルフィン号に乗り込みました。一行は12人です。展望室の潜水部に案内されました。船底部分に、各人用の椅子があり、窓から海の中がよく見えます。さてどんな事に出会うかお楽しみです。

全員が席に着きました。ドルフィン号のスタッフより諸注意がありました。今日は北東の風が強いとの事ですが、なんとか遺跡に近づけるでしょう。海底遺跡まで所要時間は約50分位です。気分が悪くなったら、少し吐くと気分が良くなるので用意した袋を使って下さい。トイレはボタンを押しながら入って下さい。海水を汲み上げて流すそうです。さあ、出発です。

海中はマリンブルーです。黒潮は、上から見ると黒っぽく見えますが、海の中は美しいブルーです。沢山の魚の群れが通過して行きます。名前が覚えきれないほどです。大きな魚や小さな魚の世界です。

海底をこんな様子で見られるなんて素晴らしい。これだけの魚族がいるのですね。地上の人とは、何の関係も交流が無いようですが、しかし何らかの形でつながっています。人間の食べ物としてではなく。

小さな魚は群れをなし、大きな魚は単独行動です。大きな亀が泳いで通り過ぎていきました。一瞬のことです。地上でゆったりと歩く亀のイメージとは異なって、すごいスピード感でした。

そして現れてくれたのです。いるかの群れが、5〜6尾です。船の周りを回遊してくれます。「ヤー」と言っているみたいです。嬉しそうにジャンプをしています。なんて素的なお迎えでしょう。ラッキーです。

カメラマンの菊地に写真を撮って下さいと御願いしたら、どうやら船酔いのようで、デッキにあがってました。展望室はだんだん人がいなくなって、皆デッキに上がってしまいました。

良く揺れます。しかし私は、この揺れが大好きなのです。海の波の揺れや潮の流れは、体の中を流れる血潮です。揺れを感じるごとに細胞が喜んでいるのを感じます。

やがて海底遺跡スポットに到着しました。まさしくこれはレムリアの遺跡の一部です。綺麗に階段状に削られ曇り日の一瞬太陽が差し海底遺跡が良く見えます。

まさに人工的に作られた海底の遺跡です。最初にこの遺跡を発見した時人は何を感じるのでしょうか、どんな感動を持ったのでしょうか。

排水溝や、亀石や霊石や、その他遺跡群を、水の透明度が20メートル深い遺跡をはっきりと見せます。、船酔いした菊地が、フラフラしながらも撮影にもどって来ました。

どんな世界があったのかと想像は、膨らみます。美しい遺跡の広がりです。スタッフ方が様子を見に降りてきてくれました。デッキで、皆のお世話取りをしておられました。

岩の味がします。岩のエネルギーを感じます。潜水艇の中からではありますが、海水に潜っているようです。マリンブルーの海です。これだけ、美しい海をもうこれ以上汚してはいけません。メッセージが響きます。魚達の群れが、通り過ぎていきました。魚達を見て何故か涙が溢れてきました。

私達も海から上がってきたんだね。魚や亀や、イルカが、船の周りを泳いでいる。海は母、海は父、海は、兄姉弟妹、海は子供、海は友人、海は私、海はあなた、こうして海をのぞいていると何故か、涙が溢れます。

遥かな父と母を想いました。海に戻りたい、いつかね、魚と泳ぎたい、いつかね。海を母と呼ぼう、父と呼ぼう、姉とも、兄とも、子供とも、慈しみと、胸の奥からこみ上げる深い感動を覚えました。潜水艇の中は一人になりました。海の中を泳ぎます。

荒れた海も少し落ち着いてきました。デッキに出てみると、断崖が続く与那国の島影が美しく見えます。ソテツの群生が見えます。食糧事情が悪い時に、赤いソテツの実を毒素を抜かないで食べて沢山の人達がソテツの毒で死にました。そんな悲惨な歴史がありました。

現在、与那国の人口は、1800人です。昨日からホームページを上げたくても、届かず、飛びませんでした。NTTも無人のようです。与那国市役所や飛行場に行っても、直接の電話回線でないと無理のようなのであきらめて、日にちがずれてのお届けになりますが、その日ごとに、打っております。

島影を見ながら、ただ無心の境地だとお伝えいたしましょう。船は、港に帰って行きました。

  連なる山々静かにて 
   波しぶき与那国の岩を強く打ち

  知る人も知らぬ人も同船し
       共に過ごし海を愛でる

遥か台湾の島影が雲のように見えました。111キロの近さです。国境の島と言われる与那国です。しかし、魚や鳥達には国境がありませんでした。

今日のあなた御元気ですか。

あなたも与那国に行ってみて、ジャックスドルフィン号に乗ってみて下さい。多くの観光の人が与那国を訪れて偉大なる自然に触れて下さい。

それでは、またお会い致しましょう。






2月24日

(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ



ナチュラルスピリットに出す原稿の締め切りが迫ってきた事もあって、またかねてからの憧れの地、与那国島に急遽行く事にしました。何でも思い切って行かないと行けません。

石垣島 10時25分発 与那国行きは、約25分間のフライトです。石垣空港から約117キロ離れた日本最西端にあります。

飛行機は、軽やかに爆音を立てて、離陸いたしました。最西端に行くわけですから、いつもの那覇や、東京便とはまるで違うコースですので、窓の外を眺めました。

石垣島から、竹富島、西表島の珊瑚礁群が美しく、緑の海水を見せてくれます。西表島の上空を通過中、顔がゆがむような感覚を覚えました。

頭がねじられるような、その時エネルギーが見えたのです。リボンのような緑とブルーの、スパイラル状のパワーです。緑は、ジャングルと山の気、ブルーは水の気でしょうか。

どの人も、本当は、この気を感じているのですが、ただ認識していないだけなのです。

今の時期、沖縄では、16日祭り、といって、ご先祖様の御墓地の敷地内で親戚縁者が集って、ご先祖様と共に、楽しくご馳走を供えて、祝う日ですので、飛行機も混んでおりました。あっという間に、与那国飛行場に到着しました。

新嵩喜八郎氏は、与那国遺跡の発見者として、世に遺跡を公開した、与那国島の功労者であり、ホテル入船というお宿の経営をされ、与那国島の観光協会の副会長としても、世の中に貢献されている方です。

ホテル入船のダイビングショップ、サーウエスヨナグニのスタッフの方に、海底遺跡の取材のための、レクチャーを受けました。これまたお天気次第です、ジャックス、ドルフィン号に明日乗る予定ですのす。

とてもご親切にご説明いただきました。本日は、海が荒れて海底遺跡のところには行けず、波の少ない島周りの観光だったと聞きました。明日見られますように。

ダイバーの人しか、海底遺跡を見ることができないとばかり思っておりました。しかし、半潜水挺として、かなり深い遺跡までのぞく事が可能なようです。

ワクワクします。かつて、レムリアであった大地が沈没し、また島々となり古代の遺跡が海の底に眠っているのですから。

男根のような岩が張り出した、立神岩です、身につけていた石達に、下から吹き上げる風に干しましました。ここは与那国島、波の音だけが聞こえました。この先に海底遺跡があります。

与那国島特徴の海にせり出した、赤茶けた岩は直角に折れて崩れたようになっていきます。学者によっては、海底遺跡は、人口の物でなく、自然の物だと言うのでしょうか。

いえいえそれはなりませぬ。海底遺跡はあるのです。明日が楽しみです。岩から来るパワーは、ズシンズシンと体に響きます。日差しは、ほど良く暑く海風に汗は飛びます。なんと凄い自然でしょうか。

パードン佐藤は、断崖を降りて、ハンドクリスタルボウルの音を海に聞かせます。沈んだレムリアの魂に語りかけます。

日本国最西端で演奏するハンドクリスタルボウルとエンジェルチューナーの癒しの演奏を行いました。このバイブレーションは、良い波動となって、沈んだレムリヤの地に世界に、平和の祈りとなって波のように広がって行くでしょう。

与那国、最西端ポイントから台湾までは、111キロ、東京は2112キロ、香港は、951キロ、ソウルは、1500キロ、北京は、1833キロ、那覇509キロ、マニラ1114キロ、シンガポール3278キロと石垣島117キロと、最西端の碑に表示されておりました。

与那国ここまで来て、やっとレムリアの島にたどり着きました。

何処にでもあるような島、沖縄とはちょっと異なる島、懐かしいふるさとのような三浦半島にある、横須賀や城ヶ島のような、子供の頃に、どこか遠足に行ったような、牧歌的な牧場が続いて牛や馬達が放牧されていました。

今 生まれたばかりの 子牛
汐の香りが おかあさん
波のしぶきが おとうさん
まだ立てないで 草の上
母さん牛さん ペロリとなめた

メッセージが入り、今生きている私達は、大変な時代に共に生きたことがあります。地殻は変動し、沈み込み練りこまれました。ですから今、生きているこの時代を楽しく受け止めて皆仲良く暮らしなさい。地球と共に。今を幸せと受け入れて、今を生きるんだね。

今日のあなた御元気ですか。

明日の海底遺跡探訪をお楽しみに

それでは、またお会い致しましょう。






2月23日

(C)2005スタジオ ポプリ



ポテンシアの近くの港です。この港は、漁船やダイバーの人達が多く用する港です。離島行きの船や、観光船とは違う港です。ポテンシアから近い、この港に散歩に出かけます。

海上保安庁の船が常時停泊しています。国境が近いので、巡視艇が守っています。他国の潜水艦がこの近くを通った時には、那覇より、自衛艦が来て大騒ぎでした。こちらは、良くわからないので何だろうね、と思いました。だいぶ前の話ですが。

沖合いには、外国船が行きかいます。海の守りの巡視艇に洗濯物が風に揺れていて、可愛かった。洗濯物が風に揺れているのを見て、平和を感じました。

今日のあなた御元気ですか。

洗濯物が風に揺れているのを見ると、平和を感じます。良い香りがするようで、眠くなります。海からの風と、山から吹き降ろす風が心地よい日でした。

それでは、またお会い致しましょう。






2月22日

(C)2005スタジオ ポプリ



雲の上の太陽を見ました。美しかった。地上は、どんなに曇っていても、雲の上には、輝く太陽があります。今あなたが、どんな苦しみを持っていても、それを越えたら輝く太陽が待っています。太陽が待っていてくれます。

今日のあなた御元気ですか。

マーメイドさんが、試作品の人魚の尻尾をかたどった、携帯ストラップを見て欲しいと言う事で見てみました。

木の可愛い人魚の尻尾に、ビーズをセラミックで埋め込み、紐に小さな貝が彩られて、アピールの敷き紙も可愛いブルーで海の中にいる人魚の感じが良く出来ていました。

イメージが可愛い作品を作り上げます。イメージ力は発想です。その力が発明発見をし、形にし、実用化されて動き始めます。あなたも豊かなイメージ作りから始めて下さい。イメージが出来たら瞑想の中で確認をして下さい。必ずイメージの通りになります。

太陽は、ドンと腹にこたえるような輝きを残して、雲の向こうに落ちていきました。

それでは、またお会い致しましょう。






2月21日

(C)2005スタジオ ポプリ



飛行機から見た富士山が美しくカメラに収めました。後方に見える雲のような連なりは、中央構造体の峰峰です。日本は素晴らしいと思いました。

今日のあなた御元気ですか。

沢山の人とお話が出来てよかったなと思います。時間待ちの人が多いので、もっと沢山の方々と一度にお会いして、お話しをしたいと思います。

そのために講演会、サークルイベントに呼んで下さい。一人ひとり壇上からリーディングします。

5時間余りかかって石垣島に帰りました、何とかという名前を知らないのですが、タレントさんと一緒に石垣に帰りました。石垣島は、夜でした、街は、静かでした。

それでは、またお会い致しましょう。






2月20日

(C)2005スタジオ ポプリ



東京は自由なところが良いです。人がこだわらない所が良いです。人がさびしい時も都会は色々方法があるでしょう。

今日のあなた御元気ですか。

品川プリンスホテル、フードーコートーは、人がワイワイと楽しんで、一人の人も、家族ずれも楽しそうでした。楽しい事はいいことです。

それでは、またお会い致しましょう。






2月19日

(C)2005スタジオ ポプリ



大きくたっぷりと咲いた花はまるで、あなたのようです。雨の日も、風の日も、花達は休む事なく、咲き続けています。赤い花に、元気付けられて、おはようと言います。

今日のあなた御元気ですか。

あなたの笑顔も、赤い花のようでしょう。人はあなたの笑顔に元気付けられるます。もしもあなたの笑顔が嫌な人がいたら、相当にやられている人です。

東京は小雨降る日で寒いでした。品川は、新幹線が止まるようになって、さらに賑わいました。今日は個人セッションを行いました。あなたに会えてよかった。

明日、東京すぴこんが浜松町であります。
あなたをお待ちしております。

雨の中の傘やイルミネーションが綺麗な東京でした。それでも人々は自由で楽しそうでした。

それでは、またお会い致しましょう。





2月18日

(C)2005スタジオ ポプリ



遠くにあるのは、飛行機かと思った。飛行機と、平行に走っているからです。雲の上を何かの物体なのですが、もしかして、葉巻型UFOかな〜。空の旅を共に楽しみました。

今日のあなた御元気ですか。

風のためか、那覇に飛行機が来るのが遅れて、羽田に到着するのが遅れました。風の中をガタガタと飛行機は揺れましたが、雲の上をずっと付いてくる不思議な物体でした。

気が付かないでいる人も多いです。子供の頃から、不思議と空間に飛ぶ、不思議な物体を多く見ました。「何でそんなに変な飛びかたしてるの」と聞いたこともあります。その当時、母も信じてくれませんでした。今でも、不思議な乗り物を見かけると胸が熱くなるのです。

あなたも見かけたことが多いでしょう。そのような時、不思議な物体に向かって、「だあれ」とあなたの思念を伝えて下さい。時には、答えてくれるでしょうから。答えてくれたらしめた物です。

それでは、またお会い致しましょう。






2月17日

(C)2005スタジオ ポプリ



竹富島の紫色濃い、ブーゲンビリヤが満開に咲きました。去年の台風のため、全滅状態でしたが、見事にブーゲンビリヤが再生しました。竹富島は雨の日でも美しいのです。

今日のあなた御元気ですか。

無事にお帰りになったあなた良かったですね。細胞の一つ一つが、島の記憶を残し、近い日に必ず再生するでしょう。その時を楽しみに待ちましょう。

竹富島は、ご老人が多い島です。ご長命です。ご老人が、何らかの形で、島の観光に協力し、働く姿は、理想的な姿です。

後継者は、本土から来た若い人達が移住し、伝統を守る事に協力しているとの事、血のつながりがなくとも、魂のつながりで、島を守ってくれるのですね。血のつながりも大切ですが、魂のつながりもすごく大切です。

血のつながりで苦しむあなた、魂のつながりを大切にして良いのです。より良きあなたが求める所に、サアー行きましょう。

石垣島は、また雨が降り始めました

それでは、またお会い致しましょう。






2月15日

(C)2005スタジオ ポプリ


語らい

昔こういうことがあっての、フムフム、爺さんたらまだ若くて、泳いで向こう岸に渡ったと。へーへー 婆さんは、爺さんの無事を祈ったと、ホーホー

語らいは、長く続きます。真夏のような日差しの下で。語った言葉は、海の中に消えていきました。波が、聞いていました。フムフムと言って。

今日のあなた御元気ですか。

出会いがあったら語りましょう。男性、女性も、皆語りましょう。思いのたけを話しましょうさっぱりとします。

それでは、またお会いいたしましょう






2月14日

(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ



夕方の海は、雲が張り出ていました。やがて暗くなりその後、やはり雨が降って来ました。ワーと鳴く子のように降って、後は忍び雨忍び泣き、演歌みたいです。

しかしこの不安定な天候も3月の声を聞いたら、海開きになりますので、きっと安定をするのでしょう。その日を期待します。

今日のあなた御元気ですか。

色々のお客様がおられます。熊野古道より石垣島に観光に、来られた二人組みです。私は、用事ですぐ外に出たのですが、菊地に「今の人が佐藤マサコさんですか」と聞かれたそうです。

ナチュラルスピリットの雑誌で知っているそうですが、少し違う人に見えたそうです、そうしたら菊地が「写真より、年取りましたからね」と言ったとか、私は「「何を言うの」その先の言葉が大切でしょう。と言いました、強い口調で。

「人は歳を取ったら素晴らしくなるのです。肉体はそれは変わりましょう、しかし体験や知恵は伸びていくのです。見える世界が変わってくるのです。」

「いつも未来に希望を持っていたら、先の世界のため、世のため、人のために生きられるのですから、歳をとっていくことは、素晴らしい事なのです。」と、お伝えする事が大切でしょうと、菊地に言いましたら「そう、その通り」と言いました。二人で顔を見合わせて、プッと笑いました。

ヤダ私もむきになって。

それでは、またお会い致しましょう。





2月13日

(C)2005スタジオ ポプリ



暑いぐらいに温かな日差しの時は、薄着になって、太陽を沢山浴びます。体が冷えているように感じる時は、直射日光に体を当てると、体の芯から温まって気持ち良いです。

バックに入っている水晶や、ネックレス達も日に干します。汗ばむまで行います。いつもできると良いのですが。日光浴出来る日は嬉しいです。

今日のあなた御元気ですか。

あちこち片付けしているつもりが、片付ける本をつい読んでしまったり、引き出しを整理してると、古い手帳が出てきて、ついついページをめくってしまったなんて事ありますね。何だか日曜日があっという間に終わりました。それで良いのですね。

八重山そばは、美味しいです。ラーメンのようですが、ラーメンとは違い太麺です。素朴であり、濃い味でもあります。これをそのまま焼きそばにしても美味しいです。石垣島に来たら、是非召し上がって下さい。不思議と郷愁を感じます。

それでは、またお会い致しましょう。






2月12日

(C)2005スタジオ ポプリ



今日のビーチはとても美しかった。昨日の雨空と変わって、透明な海がお盆みたいな島、竹富島を美しく見せます。

毎日のように、海も空も変わります。時折通る外国船や、貨物船が波の変化を起こします。

船が通り過ぎると、海は何もなかったように、静かな波の音だけがしました。

砂地に貝殻が沢山広がるようにして落ちていました。貝殻たちも、波に打ち上げられては、また波に帰ります。

今日のあなた御元気ですか。

横須賀から連れてきた老猫が、10日近く食がなくなり、細くなって、今日光となりました。十何年かの間楽しかったねと言って、頭をなぜました。

石垣島の動物達はと、市役所に聞いてみると、庭に埋めるか、または燃えるゴミとして、受取るそうです。連れて行くことにしました。お花を添えて。人同士に出会いがあるように、動物とも出会いがあります。

夜になると、また雨が降ってきて、シーツを干してきたパードンが、急いで帰りました。島人の笑いの渦が、通り過ぎていきました。

それでは、またお会い致しましょう。






2月11日

(C)2005スタジオ ポプリ



可愛い花達は、島が花いっぱい運動をしている成果でしょうか、小学校の門の前が、沢山の花に囲まれて美しいです。

花の香りがプーンとします。あちらこちらの家々にはブーゲンビリアが咲き、美しい島の印象が残ります。

今日のあなた御元気ですか。

今日の石垣島は、雨降り日でした。雨が多く降るので、このシーズンに咲く花は美しく生き生きしているのでしょう。

裏庭のマンゴウの木に実がなり始めて、大きくなりました。幹にアフリカマイマイが登ってきたので、どけました。アフリカマイマイは、果物やイモ類を食い荒らします。国の指定では、害虫になっています。

あなたから送られて来た、もう使えない玉は、神の島と言われる竹富島が見える海水の中に、お帰しました。波が、スーとさらっていきました。

海は、風の向きによっては小さな波が生まれます。透明な清らかな海水に運ばれて、帰された石達は、魚と友達になり、やがて深い眠りに入ります。そして再び長い年月の間に、再びあなたと出会うことでしょう。

それでは、またお会い致しましょう。






2月10日

(C)2005スタジオ ポプリ



砂糖キビ畑が刈り取られた後に、美しい草の花が咲き、広がった息の空間を感じます。石垣島は、突然に夏になったかと思ったら涼しい梅雨のようであったりと、季節が変わります。

街の花達は、美しく咲き、1年前に石垣島に風に誘われるように下見に来て、花の美しさに心慰められた事を思い出しました。一年は何と早いのでしょう。

今日のあなた御元気ですか。

思いがけない事を知ったり聞いたり、言われたりすると、「エッ」とビックリしたり、「まさか」と思ったり、「そんなはずはない」と言ったりしますが、しかしずっと過去にたどってみると、自分から発信した結果が出た事があります。

たとえて言えば、肥満は、食べ過ぎの結果であったり、コレステロールの上昇は、日ごろの食べ物の結果だったり、お酒の飲みすぎが、肝臓を疲れさせたりと日常生活の中にも、沢山あるかと思います。

スピリチュアルな面でも心の使い方が間違えていると、教えてくれる事があります。「エッ」と思ったら、少し前や、ずっと前の事を見つけ出して、今を変えることが一番良いでしょう。また先が変わりますから。こうして希望を見つけ出していきます。

それでは、またお会い致しましょう。






2月9日

(C)2005スタジオ ポプリ



南の島はハイビスカスの花が咲き出しました。今日は旧正月です。

南の人は旧正月を大切にしています。新しい物を身に付けたり、家族揃って御墓参りをしたり、家々の土地にパワーを入れて清めます。長い風習を守ることは素晴らしい事です。

旧正月を迎えて集うと、家族一同の結束が強くなることでしょう。

今日のあなた御元気ですか。

あなたの住まいの所は、喜びの風習がありますか。輪の中の風習に入る事も素晴らしい事です。

それでは、またお会い致しましょう。






2月8日

(C)2005スタジオ ポプリ



収穫祭です。この木の実を頂いたので、黒糖でゴトゴト煮てジュースを作りました。濃い紫色の甘すっぱいジュースが出来ました。冷たい水や、紅茶に入れて飲んだらおいしいです。ホットケーキにつけて食べたら美味しかった。

今日のあなた御元気ですか。

前日の石垣島観測局長さんのお話をまた続けましょう。南半球と北半球を合わせて見られる星座は、88あります。

北緯24度20分、東経124度30分にある石垣島では、なんと83個の星座が見られるそうです。観測局長さんは石垣島で一晩のうち、81個の星座をで見たそうです。空気が澄んでいるので、星はまたたかないで、ピカッと止まった状態で見えます。

私達の住んでいる銀河系は、天を仰いで見ると、細長く帯のように見えます。銀河系は、言ってみればどら焼きのあんこみたいな部分で、私達の銀河系の中にある太陽系はどら焼きで言えばカステラの部分のことで、銀河系の中の、やや3分の2位に位置します。

2000億個の、星々が銀河系の中にあります。太陽は、今の時点を頂点とし、500億年かかって大きく広がって大爆発を起こすそうです。地球も太陽系も、また同じ運命をたどって、宇宙のチリとなります。なるほど。

光りは、波動だそうです。と言う事は、私達も一旦波動となるんだね。「同じチリが集まって、また星を作るんですね。」「そうです」と会話は続きます。星々の輪廻転生、壮大なドラマです。

南十字星の話が出ました。波照間島でないと、見られないのではないかと思っていました。観測局長さんは、力を込めて、「石垣島で南十字星を見ることが出来ます。12月25日のクリスマスの頃から6月にかけて南十字星を見ることが出来ます。今だと明け方の4時ごろです。6月頃になると、日没の前後に見ることが出来、その後は12月まで見ることが出来ませんと、熱く語られました。

船乗り達が、南を目指して進む時、南十字星を目指しました。ロマンチックです。船乗りは、星を見つめて何を思ったのでしょうか。南十字星の写真が撮れる時期に皆様にお送りいたしましょう。

今日のあなた御元気ですか。

石垣島は、突然夏になりました。春は一瞬の風のごとく通り過ぎていきました。それでも、早朝、夜は涼しくなります。毛布が寝具ですが、何年も住んでいると、冬の寒さを感じて布団をかけるそうです。

それでは、またお会い致しましょう。






2月6日

電波望遠鏡の左に立っているのがマサコさんです。
(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ


(C)2005スタジオ ポプリ



この大きなアンテナは、電波望遠鏡です。石垣市登野城の山間にある、VERA石垣島観測局です。このアンテナが建ったのは、文部科学省 国立天文台 VERA計画(ヴェラ)推進室によります。

丁度電波望遠鏡が動いていて、この大きな機械が、空からの電波をキャッチするために、グルグル動いている様は見事でした。長さが、24メートル180度に視界が展開いたします。

日本には、同じ電波望遠鏡が、4機あります。石垣島から、1000キロ離れた鹿児島県入来観測局に、さらに、1300キロ離れた岩手県水沢観測局に、そして、東京都小笠島の小笠原観測局で4つとなります。

日本全国での配置は、それぞれが、三角形に、クロスに配置されています。同じ望遠鏡を4つを組み合わせて、直径2300キロの大きな電波望遠鏡としての働きをしているのだそうです。

石垣観測局長さんにお話を伺いました。大変熱心に、お話していただきました。この敷地に入り見学する事が出来ます。入り口には、大きなパネルにVERA計画の説明がされておりました。

敷地内に入ると、綺麗なパンフレットをいただけます。パンフレットを見ながら、レクチャーを受けました。

以下国立天文台VERA推進室の、パンフレットを、ご紹介いたしましょう。

銀河系の地図を持っていますか、この21世紀に、わたしたちはVERAで描き出す銀河系の精密立体地図を持って、銀河鉄道の旅に出発する事でしょう。銀河系の不思議が見えてきます。銀河系の真の姿を描き出す、VERAプロジェクト、と濃いブルーのラピスラズリ色のパンフレットに、キラ星のごとくに、以上の言葉が、配置されておりました。

さてパンフレットを開けてみましょう。ワクワクしてきます。日本では、天の川、西欧ではミルキーウエイと呼ばれる夜空の白い帯は、私達の銀河系で、2000億の星の集合体であることがわかっています。1931年、最初に発見された宇宙からの電波は、この天の川からの電波でした。その後多くの観測がおこなわれてきましたが、銀河系全体の本当の姿、構造や動きは、謎に包まれたままです。VERAプロジェクトは、銀河系の謎に挑戦し、新しい宇宙像を明らかにします。

天文広域精測望遠鏡VERA 21世紀、銀河系のダイナミックスを研究するプロジェクトのスタートです。VERAプロジェクトは、世界に先駆けて、これまでの、100倍の精度で私達の銀河系を観測し、その精密立体地図を作る研究計画です。それは、

☆ 銀河系の星の位置と運動を明らかにします。
☆ 銀河系の内部構造を解明し、その歴史を探ります。
☆ 謎の物質ダークマスターの存在と分布を明らかにします。
☆ 星や、惑星が誕生しているようすや、その成長を調べます。
☆ 近傍の系外銀河の正確な観測から、宇宙論を進めます。
☆ 月や惑星科学の研究を進めます。
☆ 地球回転を計り、地球力学の研究を進めます。

宇宙には、沢山の銀河系があります。わたしたちの銀河系の本当の姿はどうなっているのでしょう。もうすぐVERAが精密な立体的地図としてその姿を見せてくれます。世界で初めての精密なロボット機構が開発され、10年計画のようです。

今日のあなた御元気ですか。

未来に向かっての大きなプロジェクトは、観測局長さんのお話が面白いのでまた明日にお伝えする事に致しましょう。今日は、風向きが異なるか、石垣空港から飛び立つ飛行機がいつもと逆方向に飛び立っていました。

それでは、またお会い致しましょう。






2月5日

(C)2005スタジオ ポプリ



近くにカレー屋さんが出来ました。夕食にいただきました。家庭料理みたいで美味しかったのです。暑い日でしたので、冷えたお水が美味しかった。

今日のあなた御元気ですか。

あまり疲れすぎて、完璧にやるより、ちょっと余裕があるほうが良いのではないでしょうか、完璧すぎるあなた、自分にも厳しく、人にも厳しくなってしまいますから、どうせやるなら忙しさも楽しんで、やりましょう。

人があほに見え馬鹿に見え、落ち度ばかりが気になる前に、自分があほだわよ、位の方が、人が安心するのではないかしら。抑えるところは、抑えるのですが。

石垣島は、今日は、21度で半袖を着ていましたが、明日は、また寒いなんて事もあるだろうな、初めての2月なので、未体験です。

それでは、またお会い致しましょう。






2月4日

(C)2005スタジオ ポプリ



ご姉妹で旅行され、ポテンシアのキャラクタみたいだから、お店に飾って下さいと、おみやげの可愛いユニコーンが、バージョンアップと共に送られてきました。早速ポテンシアに飾りました。草原を駆け走っているようです。

Sさんからのお手紙を、以下抜粋して、お届け致します。

アムステルダム、ブリュッセル、アントワープを訪れました。「アンネの日記」の家と「フランダースの犬」の最後の地、アントワープのカテドラルに行きました。アンネの家を見た時に苦しくなりました。戦争の恐ろしさを垣間見た気がしました。歯車が狂ってしまった人間の恐怖を感じました。言葉を失い具合が悪くなりました。カフェで休んだ時、姉が「負の遺産を見ていくことは、大切よ」と言いました。

アントワープの大聖堂では「フランダースの犬」のラストシーンが思い出されて、絵を見ながら感動しました。アントワープで立ち寄ったお店で、「ポテンシアのキャラクターみたい」とお土産を買いました。

最近、色々な事がとても幸せに見えます。不幸な出来事や、その爪跡を目の当たりにしたせいか、平和のありがたさや、自分が好きな事に打ち込める事が、どんなに幸せな事かと思います。「幸せは、いつも自分の心が決めるんですね。」いつも幸せな気分でいたいと思います。


すてきなお手紙を有難うございました。

ユニコーンの由来は沢山ありますが、旧約聖書に出てくる「レーム」という生き物が、ギリシャ語に訳された時に、一角獣を表す言葉となり、更にラテン語に訳されてUNICORNになりました。しかし私は、この「レーム」は、レムリアの時代に愛された白い鹿を「ポテンシア」と呼びましたので、「レーム」は、レムリアの意味なのです。

今日のあなた御元気ですか。

何でも繋がり出すと、どんどん繋がって行きますよ。あなたの回りでね。

それでは、またお会い致しましょう。






2月3日

(C)2005スタジオ ポプリ



今日は節分の日です。スーパーに飾られた鬼は、豆を買ってねと、言っているようです。豆をぶつけたい人もいるでしょう。豆をぶっつけられる立場の人もいるでしょう。まあそう言わず、豆をまいたら年の数だけ食べましょう。

今日のあなた御元気ですか。

沖縄の料理でごく普通に食べられるのが、チャンプルと言って、油いため料理です。簡単で美味しいです。ゴーヤチャンプル。豆腐チャンプル。おふのチャンプル、その他、工夫とアイデヤで、食卓に乗ります。その上に、島とうがらしをかけて食べると更に美味しいのです。

英国からのCD入荷しました。ジュリアナが天使のようなソフトなヴォイスでとても魅力的です。ジュリアナの声は、天性の美声です。あなたに是非聞いて欲しいです。原石達も、ニュウな新顔沢山揃いました。順番にHPに載せます。

マリア様のようなあなた、元気出して乗り越えて下さい。税理士さんに釘を刺されてしまったあなたも元気出して。みんなも元気出してね。

それでは、またお会い致しましょう。






2月2日

(C)2005スタジオ ポプリ



お母様を亡くされたあなた、看病とお世話取りが出来て良かったですね。お母様もお幸せに逝ったこと何よりです。しばらくお忙しいかと思いますが、落ち着かれましたら、ゆっくりと旅をしてみて下さい。

そして、元気を取り戻しましたら、ご自分の職場に戻って、働きましょう。石たちが応援してくれた事も、何もかもが、全て良き光になりましょう。  

   親子縁 来世にても 親子です

今日のあなた御元気ですか。

今日も寒い日でした。名古屋から観光に来られた方が、「石垣島は、南国なのになんでこんなに寒いんだー」と、ガッカリしていました。アロハシャツのような薄着姿が寒そうでした。

   クシャミする 南の島も 寒くなり

あなたの住んでるところも寒いでしょうか、寒い時は、早く寝ましょうか。布団に潜って寝ると温かくなります。

それでは、またお会い致しましょう。






2月1日


今日は寒い日と感じました。九州全土に雪が降っているようなので、それで寒いのですね。北は、どんなに寒いでしょうかと、お見舞い申し上げます。お陽様が少ない日は、青空と、お陽様を想います。

今日のあなた御元気ですか。

今日から2月に入りました。2月は、日にちが少ないので、いつもの月より仕事を凝縮して行わなければならず、好まれない月のようですが、いえいえ、色々の楽しい行事も待っておりますので、楽しい2月を迎えましょう。

ブラットピットが良い役者で夢と希望を与えます。何十年か前の事、スクリーンで見たジェームスデーインと重なります。夢と希望を与える人を演じ切るのは、すごい事です。私達も自分の人生を生き切りましょうか。

それでは、またお会い致しましょう。